タグ: ラディッシュ

大雨時の照度は?

朝から雨降りの本日。午前中は大雨警報が出て雷も凄い天気でした。

厚い雲であまりにも暗いので、データ取るために照度測ってみました。

1番暗い時で600ルクス、平均して700ルクスぐらいでした。

パセリはゆっくり成長するので太陽の光の影響はあまりありません。

でもラディッシュは気候が良ければ20日程度で収穫できる作物。曇りの日が続くと綺麗な玉ができません。

梅雨の雨もそこそこに降って、たまには太陽が顔を出して欲しいところですが、人間のわがままでしょうか。💦

おうちごはん〜ぶっかけうどん編〜

今日は凝った写真ではないですが、うちの夏の定番料理をご紹介、

普通のぶっかけうどんですが、トッピングに「ラディッシュおろし」が入っています。

そして今回はサンチュもトッピングしてみました😋

これにめんつゆをかけて、ワサビをちょっと溶かして食べます。

GWは気温が30℃近くまで上がり暑かったので、このメニューは美味でした❣️

マルタカ菜園のサラダ

ラディッシュもパセリもすくすく生育してくれるこの季節。

たくさん食べられるこの時期だからこそ作れる「マルタカ菜園のサラダ」はいかがでしょうか。

レタスを刻んで敷き詰めて、スライスしたラディッシュを重ね、中央にシーチキン、パセリは今日は手元になかったので冷凍にしたパセリを散らしてみました。

豆を散らしたり、他の野菜も入れてみても良さそうですね!(^o^)

自粛ムード中は体に良いことをいっぱい取り入れて、免疫力をつけて、ウイルスに負けない体にしていきましょう♪

ラディッシュ育ちざかり!

直売所向けのラディッシュです。

今はラディッシュも育ちざかりの季節。丸々とスクスクと育ってこんなに大きくなりました!

こちらのラディッシュは鹿児島市4ヶ所のJA直売所で販売中です😊

ラディッシュの保存方法

ラディッシュはとても成長が早い野菜。

ラディッシュは購入したまま冷蔵庫で保存していると、葉はすぐに黄色く傷んできます。

購入したらなるべく早めに、葉と玉を切り離しましょう。これは葉の栄養分を玉が吸い取り、葉が黄色くなる状態を防ぐためです。

玉だけではなく、葉も食べられるラディッシュ。

玉はスライスしてサラダに散らして🥗

葉はサッと茹でて、お浸しや味噌汁、白和えなどで召し上がってください。クセもなく、シャキシャキの食感を楽しめますよ😋

この状態にすると、そのままで保存するより長持ちします。美味しく食べるコツです。

ラディッシュのピクルス

【ラディッシュのピクルス】はいかがですか?

<作り方>

  • ラディッシュ 15個
  • ワインビネガー 70ml
  • 砂糖 大さじ1
  • ローズマリー 適量
  • バジル 適量
  1. ラディッシュを葉と根を切り離し、4分の1に切る。
  2. ワインビネガーに砂糖を溶かし入れる。
  3. ラディッシュを保存容器に敷き詰め、2.を入れ、ローズマリー、バジルを入れる。
  4. 一晩冷蔵庫で冷やして染み込ませる。

ちょっと酸っぱいと思う方は砂糖多めがいいかもしれません。味を調整してみてください。

ちょっとしたお茶受けや副菜にどうぞ😊

今日のラディッシュ畑

春らしい、もしかするとちょっと夏に近い暖かさが多い今年の冬。

寒暖差があると「鬆(す)」が入ってしまい、商品価値が下がります。

そして暖かくなれば病害虫も多くなってきます。

いよいよ野菜が旬の時期を迎えますが、それと同時に他の生き物も勢いを増す訳で、さまざまな対策を行っていかなければなりません。

頑張ります💪😊

ラディッシュの食べ方ご存知ですか?

突然ですが、ラディッシュの食べ方ってご存知ですか?

スライスしてサラダに飾るだけじゃありません。

スライスでも玉でもピクルス最高!

浅漬けの素でつけるだけ。
それでもいいのですが、塩もみして酢漬けもいいです。

玉だけじゃなく葉も食べられる

葉は刻んでお味噌汁に。
茹でて豆腐と混ぜて白だし、ごまを振るだけで白和えができあがり♪

現在、簡単な食べ方提案シールを貼って鹿児島市内直売所で販売しています。

  • 吉野町 農産物直売所ごしょらん
  • Aコープ桜ヶ丘店
  • おいどん市場 谷山店
  • 鹿児島ふるさと物産館

千萬屋さんにてラディッシュ

先日お世話になっている騎射場の千萬屋さんへディナーに行ってきました。

お土産にラディッシュやディルを持っていったところ、早速野菜盛りなどに使っていただきました。お野菜は味噌でいただきます。

ディルは串揚げの上に。
タルタルソースの中にもディルを入れているそうです。

久しぶりに豪華なディナーを堪能できました。ありがとうございました!

© 2020 マルタカ菜園

Theme by Anders NorenUp ↑