農業研修を終えて 〜吉野東小 竹下先生〜

8月3日〜5日まで、10年経験者研修ということで
吉野東小学校の竹下先生が研修に来られました。

image

元々家庭菜園などもされていて、農業に興味を持たれていたとのこと。
研修後、農家に研修に来てどのように感じる事があったか伺いました。

 

” 吉野小に赴任して2年目の夏。
マルタカ菜園さんで3日間研修させて頂くことになった。

1.家庭菜園で困っていることの改善
2.学校の緑化係に生かせること
3.5年生の社会の食料生産の授業に生かせること

3つのことを学びたいと思って取り組んだ。

 

炎天下の中の作業で感じた事は

1.土作りから出荷まで、とても手間がかかっていて、
パセリやラディッシュへの愛情が凄いということ

2.愛情を込めて出荷する品は、より美味しく見えるように工夫をしているということ
3.時期によってはせっかく育てたもののうち、大半を処分しなくてはならないということ

である。

最後に今後の農業への見方として大きく心が変わったのは、生産するだけでなく、
食べ方を知ってもらうために、自ら進んでアピールをする(攻める農業)力強さであった。
本当に3日間、貴重な時間をありがとうございました。
パセリディップ美味しかったです!!

吉野東小学校 竹下順平 ”

 

 

こちらこそ、暑いハウス内での作業や作業場での作業など、
大変お疲れ様でした!
農家の想いを感じ取っていただけて、
また消費者からの視点を教えて頂き感謝致します。

image
image
image
image
image
image